2Dトータルクリエイター、kei-onoderaのウェブログ
www.flickr.com
kei.onodera's items Go to kei.onodera's photostream

2011年04月10日

荒浜の津波被害を見てきました。

時間に余裕があると海に行くことが多いのですが、もちろん震災直後は津波の危険、また救出作業が続いていた状況でしたし、治安にも心配があったので、海側には近寄らないようにしていました。
今回、生存者の捜索・遺体回収作業が終わり、状況が少しずつ落ち着いてきたので、外出した際に、津波の被害に見舞われた仙台市荒浜地区に寄って、現在の状況を確認してきました。
荒浜は、死者数が多かったわりに、それほど報道されていないようですので、現状を見ることができない人、また被害の爪あとを記録し、後の災害に備えるために、現地の写真を掲載しました。

東日本大震災 荒浜 津波被害

荒浜地区は、仙台唯一の海水浴場、深沼海岸に面した、水田が広がる地域で、民家も多いところです。
浜辺では多くの遺体が打ち上げられたということからも分かるとおり、堤防が低く、大津波に対して防備が不十分な地域だったようです。

東日本大震災 荒浜 津波被害

東日本大震災 荒浜 津波被害

家屋や車両の多くが流され、破壊され瓦礫と化したあらゆる物が堆積しています。被害地域が広すぎるために、震災から1ヶ月近く経っても、道路を除いては、まだまだ瓦礫を除去できる状況ではありません。

東日本大震災 荒浜 津波被害

東日本大震災 荒浜 津波被害

家屋は沖に流されるか、瓦礫になるかしてしまい、家としての形が残っているものは、ほんの一部です。
海岸から数キロにわたって、ほとんどが水と瓦礫、またわずかな荒地と道路のみしか存在しない場所です。

東日本大震災 荒浜 津波被害

東日本大震災 荒浜 津波被害

頑強なガソリンスタンドは、流されはしなかったものの、ほぼ崩壊しており、津波の破壊力を物語ります。

東日本大震災 荒浜 津波被害

東日本大震災 荒浜 津波被害

ひとめぼれ、ササニシキ等のブランド米を栽培していた水田は、数キロにわたり、いまだ海水で満たされています。
ここから先、十数キロの水田地帯は、津波被害によって塩害に見舞われ、作付けができないそうです。




posted by kei-onodera at 00:48| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月20日

「オーラの泉」水面下バトル

鉛色の渚

ずいぶんと更新が滞っていて、罪悪感。
まあ、誰か特定の方が読んでいるわけではないだろうから、プレッシャーは少ないけど。
身内の入院、飼犬の手術、引越しの準備など重なり、「映画批評k.onoderaの日記」の方を更新するので精一杯という状況だった。

昨日はTVで、終了した「オーラの泉」の特別総集編をやっていて、あの独特な空気感を久々に見て、笑わせられた。
あの番組の一番の見所は、あの江原とかいうおじさんと、美輪と、ゲスト三者による水面下の駆け引きにあると思う。

それは、昨日の東野幸治のスタジオでのコメントに象徴的に表れている。
「ゲストとして来たときは正直、(霊視について)半信半疑だったけれど、実際にお二人に会ったら、その迫力で信じざるを得なくなってしまった」
たしか、こんな内容のことを言っていたはずだ。

ここで、東野幸治は何を考えてこういったセリフを吐いたかということなんだけど、それはおそらく、番組の空気をできるだけ壊さないように、視聴者に「俺はスピリチュアルとか信じてないですよ」というアピールのためだったように思われる。

本当にスピリチュアル・カウンセリングを信じている芸能人は除外するとして、この番組に出演しているゲストは、ある程度「汚い仕事」というか、事務所に命令されて嫌々出演しているんだろうと想像される。
だって、カルト宗教的な占い師に説教されるところを、日本全国に放送されるんだもの。
お馬鹿を標榜する芸能人はともかく、明らかにイメージダウンにつながるのは避けられないと思う。
失礼ながら、知的なイメージのあるゲストがほとんど呼ばれないのは、こういう理由からだろう。

そして、しょうがなく出演したゲストが何を望むのかというと、それはやはり、番組を成立させながらも、視聴者に向け「私は信じてない」メッセージを送り続けることだ。
しかし、江原・美輪両名の阻止によって、それはほとんどの場合失敗する。

まず、江原はゲストのプライベートな情報、「部屋が汚いでしょう」、「寝相が悪いでしょう」…みたいなことを、軽く暴露する。
本人や近親者にしか知りえない事実を突きつけることで、ゲストの動揺を誘うわけだ。
何故江原がそういうことを知っているかというと、近親者によるリークというのは考えにくいので、探偵に調べさせてる可能性が濃いと思う。
または、打ち合わせのときにゲスト本人が提供した情報なのかもしれない。
でも、「あれ?そのことって私、打ち合わせのときにお話しましたよね?」って言えないよ。本番中に。

そういう間にも、絶妙のタイミングで美輪の合いの手が入ってくる。
美輪さんという人は、いつからあのような求道的なキャラクターになったのだろうか。
どうして、何を根拠に、ゲストや視聴者に対しあんなに偉そうなのか、わけが分からない。
しかし、あの恰幅が原因なのか、とにかく威圧感、圧迫感は尋常ではなく、ああズケズケ言われると、相当に気が強くない限り、疑念や反抗心を完全に押さえ込まれてしまうだろうことは想像に難くない。

そしてトークは、ゲストが最も触れられたくないだろう、「死んだ家族」についての話題へ…
最も個人的なこと、そして大切にしている故人のことを勝手に語られるという屈辱感はとんでもないだろうし、そういう意味で泣いてしまったゲストもいただろう。

しかし、最も強いプレッシャーは、ゲストが少しでも疑念を差しはさむと、「この番組自体が成立しなくなる」という、ディレクター、スタッフ全員からの、無言の圧迫感に他ならないだろう。
それ故に、江原・美輪両名がもし間違ったことを言ったとしても、ゲストは同意せざるを得ないはずだ。

この、ゲスト自身の心の葛藤や、カルト宗教のメカニズムが垣間見える「オーラの泉」は、傍目から見ていると、申し訳ないけれど非常に面白くはある。
しかし、子供への教育的観点からは、この番組、終了して本当に良かったと思うよ。

posted by kei-onodera at 10:19| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月03日

アフリカン・レディメイド

以前、「愛・地球博」なるエキスポがあったけど、それに行ったときに撮った写真がいくつか出てきたので、一部を紹介。

とにかく入場者が多すぎて、企業が提供するアトラクションや、先進国と言われるいくつかの豊かな国が出している展示館は長時間並ばないと入れない状態だった。
なので、ブータンとかミャンマーとか、規模の小さな展示館を多くまわったのだけれど、アフリカ諸国をまとめた展示館がなかなか良かった。

灰皿 -アフリカン・レディメイド-

目をひいたのは、工業製品の廃材を利用した手作り製品の展示物。
例えば、ハイネケンビールの空き缶を延ばして作った灰皿。
これが、ウォーホールのポップアートみたいで、光沢のあるグリーンのボディもきれいだし、なかなか素敵。

バッグ -アフリカン・レディメイド-

笑ってしまったのが、ネッスルのインスタントコーヒーパウダーの箱を利用したブリーフケース。
これ、強度に不安があるし、雨にも弱そう…。
でも、すごくピシッとキレイに作ってある。

これ以外に、コカコーラの空き缶を塀や屋根など、建築資材にも利用している写真も展示してあった。
お金が無いことで、資材が買えなかったりすることが、このような製品を生み出す要因にもなっているんだろうけど、胡散臭いエコビジネスや、日本のリサイクルシステムに比べて、こっちの方が、全然有効に資源を利用できていると思う。
なによりラブリーすぎる。

posted by kei-onodera at 14:56| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月04日

キュル音が解消した。

ファンベルト

愛用のダイハツ車で、エンジンをふかしたり、アクセルを踏むと、「キュルキュルキュル…!」という異音がするようになった。結構大きな音で、いかにもヤバそうな雰囲気。
ネットで調べると、アクセル時のキュル音は、「ファンベルト」の異常にある場合が多いという。
ファンベルトの交換であれば、工賃込みでもそんなに高額な修理ではないということだったので、とりあえずディーラーに持って行くことに。
まあ、高額だったとしても、仕方ないから持って行くけどさ。

半日くらいで点検が終わり、その後ダイハツの従業員に話を聞くと、やはり原因はファンベルトだった。
しかし、ベルトがちょっとたるんでいただけで、とくに磨耗しているわけでもなかったので、しめ直しただけとのこと。
「わー、ラッキー」と思っていたら、さらに従業員が、「たいした修理でもなかったので、点検費もサービスします」…だって。

わー、優しいなぁ。
近頃、いちばんハート・ウォーミングな出来事でした。

posted by kei-onodera at 22:37| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月30日

スチームファン式加湿器を買ったぞ

ビーバー加湿器

ここ数年、乾燥する時期は喉の調子が悪いので、部屋に加湿器を置くことにしました。
というわけで、「三菱重工 スチームファン蒸発式加湿器 SHE35ED-K 漆黒」を購入しました。
この、漆塗りっぽい、光沢のある黒い色が素敵。
最近はプリンターもこの色が多いですね。

さすがのパワーで、私の小さい部屋の窓が、結露しまくりです。まあ、このくらいはやってくれなきゃね。
これで、喉もお肌も調子よくなるのかな。
ちなみに、アロマオイルにも対応とのことで、リラックス効果があるという、アロマオイル<オレンジパッション>という小瓶も一緒に買って、アロマテラピーをも楽しんでいます。
生理前のストレス軽減にもいいようです。
…もう、自分が分かりません。

posted by kei-onodera at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月07日

直江兼続胸取二枚胴写

すごい…。楽天市場って何でも売ってるんだ。
今年の大河ドラマ、「天地人」の主人公となった、直江兼続の鎧兜のレプリカが販売されているのを見つけてしまいました。
ちゃんと、兜には「愛」と記されています。

直江兼続胸取二枚胴写(鎧 兜)
直江兼続胸取二枚胴写

当該ページを見ると、どうやら5月人形の意味合いで、孫にプレゼントするなどの用途があるらしいです。
もちろん、自分が着て、街を闊歩するのもいいのかもしれません。

ちなみに、この直江のは二枚胴で軽装となっているので、時価326,550 円と、他の重厚な鎧と比較すると大変リーズナブル(!)となっているようです。
他にもこの鎧兜甲冑工房丸武産業という楽天加盟店舗には、「上杉謙信 南蛮胴具足」や、「伊達政宗五枚胴具足」などの商品が販売されているようです。

つーかまたアフィ記事を書いてしまった。



posted by kei-onodera at 03:03| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月04日

REEBOK v.s FLAPH NPC UK PUMP

以前、輸入もののシューズの販売に関わっていたのですが、とくに気になっていたのが、Reebokのスニーカー、"Pro Legacy Kool-Aid"。

Reebok kool-aid

この、トレードマークの顔がなんともいえない魅力!!
アメリカで売られている「ジュースの素」の元祖のような、"Kool-Aid"という商品があるけど、それとReebokとのコラボレートモデルだそうです。
2002年のモデルでなかなか手に入らないものですが、こういうのを大量にストックしている会社があるのです。

Reebok Pro Legacy Kool-Aid

このグレープのタイプが欲しかった…。
ちなみに、このクールエイドグレープ味のジュースは、昔、アメリカの"People's Temple"っていうカルト宗教の集団自殺事件で、毒を入れた飲み物として使用されたことで有名になったといういわくがあります。

でも、このスニーカーは現地価格でも割と高額で、サイズも少なくなったりしていることもあって、代わりに、同じReebokので、先日、なんとなく似ているものを探して購入…したのが、下の画像の商品。

REEBOK v.s FLAPH NPC UK PUMP

日本のドメスティックブランド、"FLAPH"限定アイテムらしい。これも、わりとかわいいでしょ?
でも、エナメルじゃなくてスウェード地になっちゃった。
年始の買い物はこれだけ。

posted by kei-onodera at 22:41| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月19日

ROLEX SEA-DWELLER COMEX

ROLEX SEA-DWELLER COMEX

楽天で腕時計を見ていたら、ROLEXの、シー・ドウェラー(海の居住者)COMEX(1977年製造)っていうのを見つけた。
これ、いくらだと思いますか?

14,800,000 円(時価)ですって…。
ヴィンテージ・ロレックスだからって、このルックスで一千万円超えてくるっていうのは、私には分からん世界だなぁ。
ダイバーズらしいから、南洋のバカンスで着けるとかっこいいのかなぁ。
トム・クルーズとかがつけてたら高そうだけど。

私の場合、DEADMANのウォッチとかで充分だ。
かわいいし。
posted by kei-onodera at 10:01| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。